アンカラファンチカ国立公園で出会った学生さん、がんばれ!

アンカラファンチカ国立公園で出会った学生さん、がんばれ!

マダガスカルは、

日本から学生さんや研究者がよく研究・調査に来ていて、

ツアーで訪れる公園や保護区で、

毎回そういう方に出会います。

現地生活が長いのか、

マダガスカル語を話している人や、

いっけん日本人に見えない人など、

様々です。

今日、森で会った学生さんは、

「キツネザルをもう2時間半も探してるけど、

まだ、1匹も見ていないんです。

見ませんでしたか?

あと、30分で暑くて動かなくなる時間なのに、

みつからないんです。」

と、途方にくれてるとまでは言いませんが、

まだ、明らかに慣れてなさそうに見え、

焦っているのも明白でした。

着ているものも、

きれいな感じで、

日にもそれほど焼けてなく、

日本から来たばかりの様に見え、

一人で森の中を歩いていて、

大丈夫なんだろうか?

とお節介ですが、

心配になりました。

ローカルバードガイドが、

バードガイドになる前は、

3年間、研究者のアシスタントとして、

研究者と一緒に森を歩いていた、

というのを聞いていたので、

彼もアシスタントが必要だろうにと。

まだ来たばかりかもしれないし、

練習中かもしれないし、

予算的なこともあるかもしれませんが。

でも、

調査対象物を見つけられないと、

研究すすまないだろうしなぁと、

勝手に心配してしまいました。

動物を研究するのは大変だろうと、

容易に想像ができますが、

きっと好きでたまらなくて、

やりたくて、

マダガスカルまで来てると思うので、

元気にがんばれますように!

ここで、頑張るのは、

相当大変でしょうが、

応援してます。