海外の自然観察を楽しむ場所の宿の水回りの不便さ

海外の自然観察を楽しむ場所の宿の水回りの不便さ

水回りの不便さがない日本から、

自然豊かな場所の世界のシンプルな宿に泊まると、

水回りのトラブルにストレスを感じる人も多いでしょう。

よくあるのをざっとあげると、

水しか出ない(=お湯が出ない)。

水道水がしばらく茶色い。

水がちょろちょろとしかでない。

水が途中で出なくなる。

洗面室が、シャワーの後で水びたし。

トイレの水が流れない。

タンクに水がたまらない。

トイレの水が止まらない。

など、ざっと思いつくだけでもこんな感じ。

そんなところは、水道水は飲めないので、

ペットボトルの水を常に持ち歩くし、

あとどの位水があるかを、

常に何となく気にしてないといけない。

慣れないと、ストレスになるかも。

話がそれたが、

水回りのトラブルは、

日常茶飯事なので、

水の供給のされ方を予めチェックしたり、

水洗トイレのタンクの仕組みは理解しておく、

常に節水を心がける(使い切ったら出なくなることが多いから)、

そして、いちばんは、

水回りのトラブルはあるもの、

と思っていると、

あんまりストレスにならないし、

怒りも生まれない。

日本の水回りの素晴らしさが、

あだとなり、

対応することが難しくなっているが、

慣れるしかないので、

トラブルをその都度、処理して、

慣れていくしかない。

世界中、全部そうなわけでは決してないけど、

非先進国の場合、

水回りの不備はあるもの、

日本の様に快適な水回りは無い、

と思って出かけるといいと思う。