マダガスカル アンカラファンチカの村で電気のない生活をして

アンカラファンチカは、

首都のアンタナナリボから450キロくらい離れたマダガスカルの田舎。

今回、村の中のブルーバンガロッジに2日泊まる。

村に電気が来るのは、

18時〜22時と聞いたけど、

1日目、

18時過ぎても電気の供給はされず、

部屋はドアを締め切ると真っ暗になった。

頭にゴムバンドでとめられるライト、

アウトドア用品店で買えるヘッドランプを使って、

部屋の中を動く。

夕食の際に、

部屋からレストランに行く際も、

外の明かりはないので、

ライトがかかせなくなる。

少しは見えるけど、

思いもよらぬ穴ぼこがあったりして、

ケガしたくないので、ライトを使う。

時々、停電になるので、

手元に懐中電灯の類がないと不安になる。

夕食後、

部屋に戻ると、

電気がきていた。

部屋のライトが使える。

薄暗いけど、

懐中電灯、ヘッドランプだけよりも格段に明るく楽。

でも、それだけだと暗くて、

日本の様にはよく見えないので、

全体を見たいときや、

何かを探したいときは、

結局、ヘッドランプを利用する。

深夜に目が覚めて、

トイレに行きたくても、

電気は付かないので、

寝床にライトは置いておく。

朝、起きても、電気がないから暗い。

とりあえず、手元にあるライトをつけて、

さっと顔を洗い、

着替えて、まず部屋のドアを開ける。

外のが明るい。

今朝は5時前位で、赤く朝焼けがきれい。

ドアを開けて、

まず自然光で、明るくしたいので、

自分はドアを開けたくなる。

ツアーの時の電気のない生活も、

いろんな経験で、だいぶ慣れた。

でも、日本の様に電気の使えない状況になると、

太陽のあかり、

電気の明かりのありがたさを改めて思い出す。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。