クロガオハイイロエボシドリ Bare-faced Go-away Bird

クロガオハイイロエボシドリ

撮影国:タンザニア

撮影地:タランギーレ国立公園

撮影時:2018年2月1日

メモ:エボシドリというアフリカの固有の鳥の仲間の一種。

英語の名前でTURACO(トゥラコ、トラコ)とGO-AWAY-BIRD(ゴーアウェイバード)

の2タイプに大きく分かれる。

TURACOは緑や紫をベースにした美しい鳥。

GO-AWAY-BIRDは、灰色を基調にした地味目な鳥。

でも、頭に冠があるし、大きくて見やすいので、比較的人気。

私はこれを見るとウルトラマンセブン、ウルトラマンエースを思い出してしまう。

このGO-AWAY-BIRD、GO-AWAYは、あっちに行け!の意味だが、

なんでそんな変な名前が付いたかと思えば、

「ゴーアウェイと鳴くからだ。」と聞いてから、ずっとその鳴声を聞いてみたいと思っていた。

アフリカには比較的多い鳥で、出会うチャンスはあるが、

声を聴くチャンスはなかなか回ってなかった。

しかし、去年しっかり聞いて、

それもかなり、面白い声だった。

ものすごく強烈な印象。

その名前を付けたくなる気持ちもよくわかった。

北部タンザニアでは、2種見るチャンスがあり、

クロガオハイイロエボシドリ(Bare-faced Go-away-bird )と、

シロハラハイイロエボシドリ(White-bellied Go-away-bird )

独特な風貌で、一回見たら覚えられるような鳥。

近くで出会ったら、耳を澄ませてください。

もしかしたら、「ゴーアウェイ!」と鳴く声が聞こえるかもしれません。

尾が長くて全長50㎝ほどの大きな鳥、

しかも樹のトップにとまることが多いので、

気を付けていれば、見付けやすい、いい鳥です。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。