シロクロゲリ Blacksmith Lapwing

シロクロゲリ Blacksmith Lapwing

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区

撮影時:2018年1月28日

メモ:アフリカにはケリの仲間が多くて、10種以上いる。

北部タンザニアでも、運が良ければ6種観察できる。

その中でも最も見やすい、そして一番、数多く見るケリがこのシロクロゲリ。

かなりの群れで見ることが多い。

アフリカ南部から

英名のブラックスミスは、鍛冶屋の意味。

改めて辞書を引いたら、

最近は、黒人侮蔑用語になったようで、スミスというだけで、鍛冶屋を意味するようです。

よく鳴いている、チッ、チッ、チッ、チッという鳴き声が、

鉄をたたいて作る時の軽快な音に似ているからと聞いたが、

日本刀を作る鍛冶屋のイメージしかない自分には、なんだか合わない気がして違和感がする。

鍛冶屋で働いていると、白い服がグレーや黒になるからと言われた方がピンとくる。

よく見ると、目が、虹彩が赤い。

そして翼の角に、爪が出ている。

図鑑には、載っていたが、今年初めて認識した。

よく見ている鳥なのに、しっかり見ていないと気づく。

この鳥が群れで、水場で採餌しているゾウの周りを飛んでいるシーンを見て

アフリカっぽいなぁと、最初にタンザニアに来た時に思った。

よく見る鳥ですが、思い出深い鳥です。