ダルマワシ Bateleur

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区

撮影時:2018年1月28日

メモ:わかりやすいワシタカで、ずんぐりとしたフォルムや、カラーリングから人気なのか、

好きな方の多い猛禽。

自分がよく上野動物園に通っていた頃、おばあちゃんで目の悪い個体がいたような記憶がある。

当時、よもや本物を目にするようになるとは夢にも思っていなかったが。

この鳥の英名、Bateleurは、

バチュラーと読む。

フランス語由来で、読みにくい。

フランス語の道化師、長い棒を持って、綱渡りをする人の意味からきています。

飛んでいるときの姿が、フラフラとやじろべいみたいに安定しない感じです。

この飛び方が、かなり、特徴的で、

わかるようになると、

かなり遠くても、その独特な飛び具合にダルマワシとわかります。

猛禽の飛翔時に識別する気になれないレベルの自分でも、

この種は比較的よくわかります。

おとなになった成鳥は、顔も嘴も真っ赤ですが、

足も赤いです。

この写真ではわかりにくいですが、

オレンジ色というより、しっかり赤いので、足の色からも識別できる種です。

頭を突っ込んで羽繕いしていて、全体はよく見えないけど、黒い猛禽。

うーん??と思ってたら、

足の色が見えて、ダルマワシ!

と判明するわけです。

飛んでいても赤い足は目立ちます。

今年は、ペアでいるダルマワシを見る機会が数回ありました。

すでに繁殖シーズンが始まっている感じで、

お互いに羽繕いし、ラブラブしているように見えました。

仲がよさそうというよりは、

ラブラブしているという感じです。

ラブラブしているペアの鳥や哺乳類を見るのは好きです。

いつみても、どの種でも、愛を感じて、やさしい気持になれます。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。