ミミグロハタオリ Baglafecht Weaver

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区

撮影時:2018年1月28日

メモ:草を上手に編み込んで、樹木からぶら下がった

丸いボールのような巣を作ったり、とっくり状の巣をつくったりする。

ハタオリドリの一種。

色味が黄色がベースで、黒が入るというのが最も一般的で、

写真の種は仮面舞踏会風の顔だが、頭も黒いものなど、いろいろ。

似たような雰囲気で、多種いるので、識別が難しい鳥だけども

ミミグロハタオリは、顔のパタンがわかりやすく、

見てすぐわかるところがストレスが無くていい。

黄色い鳥、派手ですが、目つきにいまひとつ、かわいらしさがないためか

意外に人気はない。鳥よりも、巣の方が特徴的なため、

落ちている巣が欲しくなってしまう方が時々いますが、

写真だけで我慢していただく。

ミミグロハタオリがとまっている樹が気になるかもしれない。

これは、アカシアの一種で、キリンが大好きなトゲトゲが激しい樹木。

このトゲの付き具合でも種類を同定するための情報になる。

アカシアだけの図鑑というのもあり、何十種とある。

トゲと、花、さや等で同定するようだ。

図鑑を見ている分には、それはそれで面白いと思ったが、

同定する気にはなかなかなれない。

植物は鳥よりも難しいし、かつ樹木はもっと難しい気がする。

アフリカの植物は、あまり注目されることは無いけども、

ほかとは、やはり違って興味深い。

キリマンジャロ山麓の森林限界付近までを散策する旅を

いつか作りたいと思っている。

そういうご希望の方いましたら、ぜひ声をかけてくださいね。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。