ズグロウロコハタオリ Village Weaver

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区

撮影時:2018年1月28日

メモ:ハタオリドリの仲間。

これが典型的なタイプの顔。

全体が黄色で、顔や羽が黒い。

この鳥は、この写真だとわかりにくいが、目が赤い。

瞳のいろ、正しくは、虹彩(こうさい)が赤い。

顔のパタンが似ている種がいるので、

虹彩の色が識別ポイントだったりする。

識別したかったらというわけですが。

この写真の鳥は、サファリカーのバーにとまっている。

ンゴロンゴロ自然保護区の中でランチを取る場所があるが、

そこに車を停めてランチボックスを広げると彼らはやって来る。

パンくず等を求めてやってくる。

外には、トビがチキンを取ろうと、背後から襲いに来るので、

車の外では食べられない。

食べている人たちもいるが、危険なので、食べてから外に行っていただいている。

ふざけて上げようとする外国人も見かけたことがあるが、

本当に危険。

全然気づいていない状況で後ろから狙われて、

ランチボックスをひっくり返されて、

驚いて車に戻る人は何度もみた。

かなり怖いはず。

このハタオリは、トビほど危険なことなく、

私たちが食べているのを近くで見ている。

しばらくじっとしていることも多く、至近距離で観察するにはちょうどいい。

でも、決してパンとかあげないでくださいね。

違いを区別することが楽しい人には、識別は楽しいだろうと思う。

ハタオリも識別のしがいがあるような鳥だと思う。

違いがわかった時はちょっとうれしいけど、

個人的には細かいところまであまり追いたいと思わない自分ですが

少しずつ、覚えています。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。