2/24(日)イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログに書けない裏話&タンザニアのサファリと世界の自然の旅話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、私がベストワンだと考えるアフリカ・タンザニアのサファリの行き方をはじめ世界中の自然の旅話、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:2月24日(日)15:00~17:30(14時45分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

ズグロウロコハタオリ Village Weaver

ズグロウロコハタオリ Village Weaver

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区

撮影時:2018年1月28日

メモ:ハタオリドリの仲間。

これが典型的なタイプの顔。

全体が黄色で、顔や羽が黒い。

この鳥は、この写真だとわかりにくいが、目が赤い。

瞳のいろ、正しくは、虹彩(こうさい)が赤い。

顔のパタンが似ている種がいるので、

虹彩の色が識別ポイントだったりする。

識別したかったらというわけですが。

この写真の鳥は、サファリカーのバーにとまっている。

ンゴロンゴロ自然保護区の中でランチを取る場所があるが、

そこに車を停めてランチボックスを広げると彼らはやって来る。

パンくず等を求めてやってくる。

外には、トビがチキンを取ろうと、背後から襲いに来るので、

車の外では食べられない。

食べている人たちもいるが、危険なので、食べてから外に行っていただいている。

ふざけて上げようとする外国人も見かけたことがあるが、

本当に危険。

全然気づいていない状況で後ろから狙われて、

ランチボックスをひっくり返されて、

驚いて車に戻る人は何度もみた。

かなり怖いはず。

このハタオリは、トビほど危険なことなく、

私たちが食べているのを近くで見ている。

しばらくじっとしていることも多く、至近距離で観察するにはちょうどいい。

でも、決してパンとかあげないでくださいね。

違いを区別することが楽しい人には、識別は楽しいだろうと思う。

ハタオリも識別のしがいがあるような鳥だと思う。

違いがわかった時はちょっとうれしいけど、

個人的には細かいところまであまり追いたいと思わない自分ですが

少しずつ、覚えています。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan