2/24(日)イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログに書けない裏話&タンザニアのサファリと世界の自然の旅話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、私がベストワンだと考えるアフリカ・タンザニアのサファリの行き方をはじめ世界中の自然の旅話、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:2月24日(日)15:00~17:30(14時45分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

クリオオニハタオリ Rufous-tailed Weaver

クリオオニハタオリ Rufous-tailed Weaver

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区

撮影時:2018年1月28日

メモ:体長21センチ位の大き目のハタオリ。

ズグロウロコハタオリ
カオグロウロコハタオリ
ミミグロハタオリは15㎝くらいだから、

これは、だいぶ大きく感じる。

体が大きいのもあって、他のハタオリに比べ、つり巣が大きい。

それだけでなく、乱雑できれいでない巣の形が特徴の鳥。

ンゴロンゴロのあるエリアではたくさん見かけるが、北部タンザニアの固有種。

地味で、余り見栄えもしないので、

鳥好きな方でも、

固有種で、この種の巣はだらしない感じのあれですと見せながら説明しても

反応は薄い。

目がきついのも不人気な理由かもしれない。

いるところには、余りにもたくさんいるので、すぐに真面目に写真を撮る気になりにくく、

後で撮ろうとして、撮りそびれることがあるような鳥。

よくよく見ると茶色のグラデーションがきれいともいえるが、

やはり見栄えはあんまりしない。

でも、この種の乱雑な巣なら、遠くからつり下がっている巣だけをみて、

クリオオニハタオリの巣だと認識できる。

ほかのハタオリの巣は、鳥が来ているのを観察しない限り

どの種の巣なのかはわからない。

巣の作成中だったり、巣から出たり入ったりするのを観察して

ようやく誰の巣かわかるというのも面白いけども。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan