トピ Topi

トピ

撮影国:タンザニア

撮影地:セレンゲティ国立公園

撮影時:2018年1月31日

メモ:北部タンザニアで、例年見られる哺乳類の種数は、30種くらい。

確約はしない自然観察の世界ですが、

平均的にこんな感じ。

あとプラスの10種程度は、運によるところが一番大きい。

サファリに来て、見たいものにネコ科が上がることが多い。

草食動物の名前を自分から言ってくる方はほとんどいない。

でも、出会うチャンスが少ない草食動物もいる。

トピは、セレンゲティ国立公園まで来ないと出会えない。

それほど数も多くない。

写真背景のような疎林の環境で生活していて、

いつもこんなような場所で出現する。

少し出てくる際に、遠くにいることが多いのと、

太陽光線がきつい場合は

よく見えないこともあるが、

赤茶、チョコレート色に近いような体全体の一部に

黒地の模様が、刺青のように入っている。

黒い部分の入る場所は、決まっている。

しかし、群れで見たことがないので、その入る場所は

個体差によって違ったりするのかはわからない。

また、目が飛び出ている印象をいつも受ける。

シマウマより小さいサイズ感で、それなりの大きさはあるが

背景に溶け込むような、忍者のようなひっそり感を感じる。

鳥と違って大きいので、

双眼鏡でのぞかずに終わらせてしまうことも多い大型草食動物だけど、

よくよく見ると、おもしろい。

サファリに行ったら、よく見ることをおすすめします。

よく見ると、見えてきて、気づきがあって、楽しくなります。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。