トムソンガゼル Thomson’s Gazelle

トムソンガゼル Thomson’s Gazelle

撮影国:タンザニア

撮影地:セレンゲティ国立公園

撮影時:2018年1月30日

メモ:ウシ科でアンテロープ(日本語でレイヨウという言葉がありますが、かえってわかりにくいようです)の仲間。

数も多くて、よくみる。

北部タンザニアに行ったら、必ず出会える動物。

小さくて、かわいい。

いかにも草食動物っぽいが、もちろんそうです。

トムソンガゼルに似てるけど、もっと大きいグラントガゼルという種がいる。

左トムソンガゼル 右グラントガゼル

大きさが全然違うので、数日見ているとわかるようになる。

一緒にいれば、大きさの違いは一目瞭然だけど、

広い広いサバンナで見ていると、距離感が違ったりすると、大きさがわかりにくい。

体の大きさは、

トムソンガゼル=小、グラントガゼル=大

出会える頻度は、

トムソンガゼル>グラントガゼル

たくさん見ていると混乱してくる動物でもある。

哺乳類のほうが鳥に比べ種数も少ないので覚えやすそうだけど、

しっかり観察していないことが多いので、

あとで自分の撮影した動物がどっちだかわからなくなることもある。

現地ではわかった気がしてるが、

タンザニアに行き出して、数年は、写真整理をしていると、

どっちだったけか?と悩んだ。

生き物の名前は聞いてもすぐ忘れるから覚えない~と

言われる方もいますし、

ただ見て雰囲気を楽しむだけなら

識別に、名前に固執する必要は全然ありません。

でも一歩突っ込んで、その見た動物のことを

人と話したりするとき、

あとで図鑑で読んだりするときに、

名前がわからないとそれを特定できず、

不便なので、気になった種だけでも

名前を確認しておくのがよいかもしれません。

名前というのは、

種を特定するもの、

という位置づけでは大事ですね。