【親子編】アフリカゾウが走る タンザニア

このくらいのサイズの仔ゾウが、写真の様にオープンに出てくるのは、

タンザニア北部のサファリでは珍しい。

生後半年くらいとガイドに聞いたが、

大抵は、群れの中で見えない様に隠されていることが多い。

ゾウの群れは基本、女社会なので、子供のうちはオスもいるけど、

大きくなるとオスは追い出され、単独行動に。

群れにいる、体の大きな成獣のゾウは、みんなメスということで、

お母さん、お姉ちゃん、おばさん、おばあさん、

もしくは、複数のグループが一緒に動いているときだったら、

近所のお母さん、お姉ちゃん等にあたる、女たちに囲まれる。

面倒見がいいのもあるだろうし、

一番危険な時期だからこそ、皆で守ろうとして常に見えない位置に隠されているのだろう。

でも、この時は、仔ゾウがなぜか急に走り出し、

後ろをおとなのゾウが追った。

慌てぶりから、お母さんだと勝手に思ったが、

そんなことは初めて見たので、

仔ゾウの走りに、おおっと!思い、

慌てて写真を撮った。

仔ゾウの足もとからは、サザエさん家のたらちゃんが歩くときの効果音が聞こえてきそうだったし、

追っかけたゾウの耳が、バフバフ動きながら小走りで追っかけてくる様子は、

見ていてテンションが上がった。

幼い子が突然することは、動物界はみんな予測不能で、

そして、おとなは翻弄される。

クロサイの親子が、ンゴロンゴロで走っているのも見たことがあって、

普段は、みつけるのも難しいクロサイがなんで走ってるの???

しかも親子で???

何があったの???

と大興奮しながら激しく疑問を感じたけど、

それも子を追いかけてのことだったんだろうと、

今なら想像がつく。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。