10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

東アフリカ・タンザニアでサファリ その2 ンゴロンゴロ自然保護区クレーター Ngorongoro Nature Reserve

東アフリカ・タンザニアでサファリ その2 ンゴロンゴロ自然保護区クレーター Ngorongoro Nature Reserve

その1に引き続き、

ンゴロンゴロのクレーター(Ngorongoro Nature Reserve)で見た動物。

今年は、どこも水が多くて、

そのせいでいつもは本当に遠くにしか見えないフラミンゴが

ンゴロンゴロのクレーターでも比較的近く見えた。

道路脇にも普段はない大きな水たまりがあって、

水たまりの草に小鳥が来て、至近距離で見ることができたり、

いつもの水場は、大きな大きな水場に変わり、

タンザニアでは、初めてタマシギを見たり、

広々とした水場に、多種の水鳥がいっしょくたにくつろいでいるのを見たり、

猛禽が来て、一斉に鳥たちが飛ぶのも見かけた。

ミミヒダハゲワシが、地面で変な恰好でくつろいでいたり、

なんだか動物たちに余裕がある感じがした。

水のせいだけではないかもしれないけど、

今年は、何だか雰囲気が違うというのが正直な感想。


このブログのその1はこちらです。