東アフリカ・タンザニアでサファリ ンゴロンゴロ自然保護区クレーター Ngorongoro Nature Reserve

東アフリカ・タンザニアでサファリ ンゴロンゴロ自然保護区クレーター Ngorongoro Nature Reserve

2019年2月1日のンゴロンゴロ自然保護区(Ngorongoro Nature Reserve)のクレーターで一日。

ここを半日でさっと見て、

次に行くスケジュールも多いけど、

ここは、タイミングさへ合えば、

鳥や哺乳類も間近に観察できるチャンスがあって、

もったいない。

ここでしか観察できないから見ておきたいのは、

哺乳類なら、クロサイ。

鳥類なら、ベニバナツメナガタヒバリ。

標高2000mを超える外輪山のふちから、

600m~700mを車で降りて、

クレーターの中でサファリをする。

箱庭みたいな限られた空間。

狭いと言っても、

大阪府くらいのサイズ。

ロッジのバルコニーからクレーター全部を見渡せる。

今年は、強風でクロサイが見つけられなかった。

風が嫌いなクロサイは、強風だとしゃがんでしまう。

もともと、全身がハッキリ見えたらラッキーなクロサイ。

きっと隠れてしまったのだろう。


このブログのその2はこちらです。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、活動予定をご覧ください。