東アフリカ・タンザニアでサファリ ンゴロンゴロ自然保護区クレーター Ngorongoro Nature Reserve

2019年2月1日のンゴロンゴロ自然保護区(Ngorongoro Nature Reserve)のクレーターで一日。

ここを半日でさっと見て、

次に行くスケジュールも多いけど、

ここは、タイミングさへ合えば、

鳥や哺乳類も間近に観察できるチャンスがあって、

もったいない。

ここでしか観察できないから見ておきたいのは、

哺乳類なら、クロサイ。

鳥類なら、ベニバナツメナガタヒバリ。

標高2000mを超える外輪山のふちから、

600m~700mを車で降りて、

クレーターの中でサファリをする。

箱庭みたいな限られた空間。

狭いと言っても、

大阪府くらいのサイズ。

ロッジのバルコニーからクレーター全部を見渡せる。

今年は、強風でクロサイが見つけられなかった。

風が嫌いなクロサイは、強風だとしゃがんでしまう。

もともと、全身がハッキリ見えたらラッキーなクロサイ。

きっと隠れてしまったのだろう。


このブログのその2はこちらです。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。