東アフリカ・タンザニア セレンゲティ国立公園でのサファリ Serengeti National Park

北部タンザニア、もっとも奥地に位置する国立公園、

セレンゲティ国立公園(Serengeti National Park)。

ここは広くて、東京・千葉・神奈川・埼玉の広さがあるので、

2日いたくらいでは、ほんの少ししか見ることはできない。

でも、2日いれば、

セレンゲティ、

スワヒリ語で「果てしない草原」の意味は感じられる。

草原が果てしなく続くようなくらい、車で走るからだ。

草しかないような気もしてくる時もあるけど、

そこで、動物は生活していて、

時々、目に触れる彼らに会いに行く感じがする。

写真は、セレンゲティ国立公園でサファリしたある1日で見たものの一部。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。