アフリカ・タンザニアのお土産 ビーズ細工 タランギレ国立公園内 ソパロッジで購入souvenir, Tarangire National Park

ホテルで見かけて、

カメレオンは大好きなアイテムなので、

一晩悩んだけど、

朝出発前の7時過ぎに購入しました。

三色あって、

ブルー、グリーン、モスグリーンと。

大好きなブルーも惹かれましたが、

カメレオンらしいグリーンに。

南アフリカほどビーズ細工のものを見ないタンザニアでしたが、

今年は他の場所でも、

見かけたので、

売れると知って仕入れたのかなぁと。

タランギレのソパロッジは、

自分が行くホテルの中では、

比較的おしゃれで、

お土産屋さんが楽しいです。

あんまり商売上手でないタンザニアの

お土産屋さんはレベルがあまり高くありません。

売店に近いお店もたくさんあるし、

ホテルでお土産を売らないところも多いです。

でも、ロッジで食後にぶらぶらみるお土産は楽しいし、

お酒が入れば、

財布の紐も緩みがちだから、

出来たらどこも置いたらいいのにと私は思いますが。

ただ、センスのいいものを置かないと売れないのに、

それがわからないんところが多いんだよなぁと

上から目線ではありますが、

思います。

そういう意味で、

お土産やさんが、

毎年少しずつ洗練されていくのは、

うれしいし、楽しみ。

カメレオンの値段は、

大きいほうが30ドル、

小さい方が20ドルでしたが、

一緒にいた参加者がすかさず、

2つ買ったらいくらと?

と値切ってくださって、

2つで40ドルになりました。

色に悩んでるから翌朝買いに来るねと伝え、

朝にいるかを確認してからお店を出ました。

大きいのは、30センチ以上ありますが、

今回大きなスーツケースにしたので余裕があり、

連れて帰れました。

ツアー中に、サファリカーの振動と衝撃で、

ビーズが少し割れてましたが、

変形はそれほどなく日本へ。

また、コレクションが増えました。

そのうち、全部出して写真撮ったりしたいですね。

もっと小さなサイズで、

イボイノシシ、

ホロホロチョウ、

ゾウ、

キリンなどもありました。

ビーズが好きな方は探してみてくださいね。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。