5月26日(日)15時 イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログにかけない裏話&タンザニアのサファリと世界の自然の旅話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、私がベストワンだと考えるアフリカ・タンザニアのサファリの行き方をはじめ世界中の自然の旅話、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:5月26日(日)15:00~17:30(14時40分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

東アフリカ・タンザニア マニヤラ湖国立公園サファリの動物写真 Lake Manyara National Park

東アフリカ・タンザニア マニヤラ湖国立公園サファリの動物写真 Lake Manyara National Park

アルーシャ国立公園よりもしっかりとした樹林帯のある公園。

哺乳類が多くないので、

多くの観光客にはスルーされる公園でもあるけど、

実はゾウも多いし、

ブルモンキーはここが一番見やすい。

そして、

マニヤラ湖の景色は。

一見の価値はある。

哺乳類は出会えれば、近距離だし、

鳥も樹林帯があるからなかなかいい。

何と言っても、くちばしの大きく誰からも人気の高い

サイチョウの仲間がいるのが魅力的。

ギンガオサイチョウは、黒と白の鳥だけど、

大き目の鳥で見やすく、

くちばしが大きく、カッコイイ。

かつ、よく見られるので、

うれしい。

たくさんいるサルは、サバンナモンキー。

あの部分がきれいな水色で、人気。

子ザル二匹がじゃれあって目の前でしばらく遊んでくれた。

モデルの様にたくさん写真を撮ってしまった。

そんな無邪気な姿を見せてくれて本当にありがたい。

サファリでの出会いは、一期一会。

その瞬間限りの出来事が、続く。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan