10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

御茶ノ水 おでん こなから 本格おでんに変わり種多数 サブも美味しい!

御茶ノ水 おでん  こなから  本格おでんに変わり種多数 サブも美味しい!

珍しく美味しいお店のご紹介、

おでん屋さんです!

死ぬ前に食べたいと思うくらい好きなおでん

美味しいもの食べても、

お店の紹介が得意でなくて、

なんとなく食べて終わりの私でしたが、

もう一度いきたいと思ったお店だけは、

備忘録として今年は残していきたい。

ここ、たいへん美味しいおでんのお店でした。

そして、おでんじゃないメニューも、

どれも美味しかった。

丁寧に出汁とって、

美味しい塩加減、

こういうお店にたまにきて、

たらふく食べたい私です。

サブメニューからスタート

つきだしから、茶碗蒸し、おひたし、お刺身と

好みでしたが、

レンコンの塩焼き、

季節のおでんだね(なまふ、えび芋、キノコの巾着)、

馬刺し、

揚げたて自家製さつま揚げ、

長芋の塩焼き、

イワシのぬか漬け

野草の天ぷらと。

ここまで、生ビールとお酒一号のみ、

その後、追加で二合く注文。

日本酒は、重めのしっかりとしたのが好み。

そう言って、

オススメをうががい、

山形のばくれん一合飲み、

そのあと、

秋田の両関二合頼み飲み干しました。

おでんは何食べた?

大根、

産みたて卵、

数量限定ゴボ天、

白子、

カキ、

ちくわぶ、

キクラゲ、

いも栗きん(デザートおでん)、


最後の締めで、

ゴマだれ出世うどん小を2人でシェア。

この間に、


たくあんと、

銀杏も追加。

本当によく食べました。

ゴボ天のごぼうが絶品、

大根、卵もリピートしたい味。

初おでんネタのキクラゲが、

優しい味でした。

自宅でも入れてみようか、

でも、キクラゲが国産とか、

すごくこだわりの品な気がしました。

お店詳細

本店、お茶の水店は、

18時からの営業で、2時間制。

予約必須。

御茶ノ水駅からお店は、

駅から5分くらい。

雰囲気、昭和です。

ひょうたん型の特注鍋で、

毎日磨いて削るせいで、

20年程度しか持たないと。

お店に鍋は一個しかなくて、

新しいのを頼んだ時は、お店を閉めたそう。

こだわりの店でした。

お店の方も若いのに感じ良くて、

3人以上で来ると、

いろいろ食べられて良いです。