5月26日(日)15時 イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログにかけない裏話&タンザニアのサファリと世界の自然の旅話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、私がベストワンだと考えるアフリカ・タンザニアのサファリの行き方をはじめ世界中の自然の旅話、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:5月26日(日)15:00~17:30(14時40分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

キリマンジャロ空港 タンザニア北部の避暑地 アルーシャに最も近い空港

キリマンジャロ空港 タンザニア北部の避暑地 アルーシャに最も近い空港

2019年2月情報

ここ数年、徐々に整ってきている空港。

北部タンザニアにサファリに行くならば、

玄関口の空港となる。

国際空港だけど、本当に小さい。

国内線空港レベルといっても差し支えないレベル。

それでも、搭乗ゲートに行く前の最後のセキュリティを超える前に

お土産屋やカフェテリアもある。

トイレもある。

空港だから、トイレは普通だろうと思われるかもしれないけど、

少し前は数も足らず、壊れていたり、

流れない状態だったりもわりに普通だった。

改善されてよかった。

搭乗ゲートに入った後も、

売店が出来ていて、

水やスナックの類が買えるようにもなった。

アフリカの空港ではわりに普通だけど、

空港に入るのと、搭乗手続きして、搭乗ゲートに入るまで何度も何度もセキュリティチェックや

パスポートチェックがあり、

しかも空調がなかったりするので、

暑くて、すべて終わったころには

ひと汗かいて、喉がかわく。

途中、セキュリティチェックでなにか引っかかって余計に調べられたリした際には、

汗びっしょりになる。

それなのに、お水はセキュリティチェックで没収されるから、

売店が無いと水も買えない。

そういう意味では、ここはもう一定のレベルを超えているので、安心して過ごせる空港。

係員の真面目さ、はたらき具合にちょっとムラがあるけど。

国内線も飛んでいて、不明瞭に途中で別れるからそのつもりでいてください。

入国も、アメリカ式に指紋をとる機械はあるけど、

人が多くなると使わなくなったり、

担当者により違いが大きい。

最近は、カタール航空で行くことが続いているが、

入国カードの機内での配布がないので、

事前に持っていなければ、

降りた時に、急いで書くことになる。

到着した時に、荷物が下ろされるターンテーブルの部屋も新しくなり、快適に。

だいたい、入国した後、

ターンテーブルのある場所の雰囲気でなんとなく感じられる。

この国はまだまだな感じだ、気を引き締めようとか。

うす暗さ、こもった匂い、荷物の置かれ具合、そこのポーターなどで。

そういう意味で、及第点が付けられるようになった、キリマンジャロ空港。

安心してお出かけください。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan