気ままに写真集 パナマの哺乳類編 動物園と野生 2019年4月

珍しく動物園にも行った今回のパナマ(Panama)の旅。

夜行性のバクは、夜間観察で見ているけど、昼間の動物園だとよく見えてうれしい。

鼻が独特。

哺乳類を野生で見るのは難しい。

マントホエザル、シロガオマーモセット、キタコアリクイ、カワリリスが野生個体。

続いて、動物園内の敷地で自由にいた、マダラアグーチの親子。

赤ちゃんにピントが合わないうちに、

巣穴にこの後すぐに入ってしまった。

最大のネズミ。

体重3~4キロ。

赤ちゃん見たのは初めて、うれしかった。

動物園のピューマ くつろいでてネコっぽい。
動物園のオセロット。 こっちの方が、もっと飼いネコっぽい。
シロガオマーモセット これは、ホテルのロビーで打合せしてたら、出現して、びっくり。

 

 

 

 

モヒカンみたいな顔。
マントホエザル これの声が、大きくて、怖くて、正体がわからない昔は森に入るのは怖かっただろうなぁと想像。
写真を見返して気づいたのですが、たま〇〇の袋が白くて独特。
尾を手の様に使えるのがすごいところ
森の中であった、キタコアリクイ。 この子との遭遇が、今回いちばん、テンション上がりました。

 

脚の裏が見えた。
尾の先は細い。
2カ所目の宿の餌台に来ていたカワリリス。 意外にシャイで、最初は人が居ない時に食べに来ていたけど、そのうち、少し持って移動し、隠れて食べ、次は、堂々とバナナに顔付けて食べてました。人慣れするのが早い。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。