気ままに写真集 パナマで観察したカラフルな鳥 Birds of Panama 2019年4月

パナマ(Panama)で見てきた鳥で、比較的きれいなもの、

面白い鳥などをピックアップしてお届けです。

ムナフチュウハシ Collared Aracari
6連泊したホテルの駐車場に来るので、近くで観察できました。
2羽でじゃれあってて、ぶらんぶらんしてました。
ハナジロエボシゲラ♂ Crimson-crested Woodpecker モヒカンの様に、冠羽が立った瞬間。
ハナジロエボシゲラ♂の普通の時
ハナジロエボシゲラのペア。上が雄で下が雌。顔の模様が違います。
ヒロハシハチクモドキ Broad-billed Motmot 静かに樹にとまっていました。頭によく見るとダニが付いてます。
オオキリハシ Great Jacamar  珍しい種らしく、現地バーダーが興奮した鳥。キリハシの仲間はくちばしが大きくて、ころっとしたフォルムがかわいい。
ニショクキムネオオハシ Yellow-throated Toucan オオハシの仲間は人気種。現地で、フランス人観光客に話しかけられどこで見えるかなぁと?と相談された。 数は多いけど、遠いところにいることが多くて、気づかないと見られない気がする。
オジロハグロキヌバネドリ♂ White-tailed Trogon パナマでは、キヌバネドリの仲間をよくみかけた。パナマの森で、観察しやすい鳥の仲間。
前の写真と同じ個体。お腹が黄色いキヌバネドリの仲間はうれしい。全体的にはお腹は赤が多い。
ハシブトスミレフウキンチョウ Thick-billed Euphonia 泊まっていた宿の駐車場からもよく見たし、ほかの場所でもよく遭遇。パナマでは普通種といってもいいくらい数が多いと感じた。
ソライロフウキンチョウ Blue-gray Tanager 中南米では普通種な鳥だけども、パナマでは、青さが濃くて、きれいに感じた。
青い鳥、いいですよね~。大好きです。
右はソライロフウキンチョウで、左がヤシフウキンチョウ。 青と緑の鳥です。 餌台に来た2羽です。
ヤシフウキンチョウ Palm Tanager 光が当たると緑に見えますが、光の当たり次第では、グレーにも見えます。
ルリミツドリ♂ Red-legged Honeycreeper これこそ、きれいな青い鳥。脚もビビットな赤で、目立ちます。
餌台に近いブッシュに6羽も来ました。写真は4羽ですが青い鳥が集まってより美しい。
チャガシラフウキンチョウ Bay-headed Tanager いつもペアで餌代に来てました。仲のいい種なんでしょう。
頭が茶色いですが、美しい鳥です。
ルリカタフウキンチョウ Plain-colored Tanager  フウキンチョウの仲間の鳥。青い羽が見えたら当たりということで、よくチェックしていました。
レストランの横の樹にデコイかと思うくらいじっとしていたキヌバネドリ。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。