10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

気ままに写真集 パナマで観察 昆虫&ハ虫類&両生類と植物編 

気ままに写真集 パナマで観察 昆虫&ハ虫類&両生類と植物編 

パナマ(Panama)で観察した哺乳類と鳥類を除いた動植物編です。

探鳥ツアーだったので、

今回の動植物の写真は、鳥を探しているあいまに見つけたものです。

メタリックブルーの美しいモルフォチョウもたくさん見たのですが、

止まらないの今回も撮影できませんでした。

モルフォチョウの観察頻度は高かったですね。

では、まずはハ虫類から。

バシリスクの仲間と推測。

襲われると、水の上を走ることで有名ですが、リアルにまだ見たことはありません。

コスタリカで見た個体よりずっと小さいです。

森の中にあったナマズやほかの魚もいた池の周りで4匹は見かけました。

背中の縞々から推測される、メガネカイマンはホテルの庭の池にいました。

ホテルにワニがいることが、日本ではありえないでしょうが、パナマでは気にしないのでしょう。

大好きなカエル。

パナマにはコスタリカと同じくヤドクガエルの仲間やアカメアマガエルがいるので、

会いたいなぁ~と思っていましたが、

早朝に森の中で、マダラヤドクガエル Green and Black Dart Frogに会いました。

チョウは、きれいだし撮影したい気にはなるのですが、

止まってくれないと、撮影は鳥よりも難しいというか、

私には無理そうです。

このジョロウグモみたいなクモですが、鳥を探しにいったのに何にも出ずに唯一トレイルで観察できた個体なので撮影。

写真がボケていますが、脚に毛が生えているのがわかりました。

上の脚先から下の脚先まで10センチくらいはありました。

トンボにカマキリ、アリも見ました。

昆虫は正直よくわかりません。

世界の昆虫をどうやって見たらいいのかも、まだよくわからないまま

現在に至り、見つけた時に撮影しています。

ハキリアリもたくさん見ましたが、写真はiPhoneで撮影していたので、また今度。

植物は、山間部にあった植栽と思われる樹で、ピンクの花がよく咲いていました。

ペルーやパンタナールで見たのと似ているような気がしますが、よくわかりません。

下の写真は、キャノピータワーの上から撮影した植物です。

着生ランかなぁと。

樹上40m弱の樹の上に咲いていました。

結構数があり、そこここに咲いていてピンクできれいでした。

インコがとまっている樹は、セクロピアというナマケモノがよくいる樹。

今回は、見られなかったけど、パナマにもナマケモノは生息しています。

最後の写真の樹木の実、見た目は地味ですが、

とっても美味しいようで、

鳥が入れ代わり立ち代わり食べに来ていました。

この樹の前にいるだけで、しばらくバードウオッチングが楽しめ、

全部で20種程度来たでしょうか。

樹は普通種らしく、たびたび見かけたのですが、

ちょうどいい熟れ具合でなかったらしく、

この樹ほど集まって来る樹は他では見ませんでした。