人体にすむ微生物 2020年1月号ナショジオ 健康を求める人はご一読を!

『アスリートの腸内の細菌を移植するだけでトレーニングの効果があがるとしたら?』

という書き出しが目に留まり、

面白い特集だったので、

健康に興味のある皆さんに

共有したくてブログを書きます。

どんな雑誌

ナショナルジオグラフィックは、

写真が美しく、

世界を垣間見たり、

地球上の問題を知ったり、

サイエンスの最新情報に触れたり、

がわりと気楽に出来る月刊誌です。

好きでもう長く愛読しています。

腸の微生物と脳の関係

「健康に生きる」が今月の総力特集。

その中の、

「人体にすむ微生物たち」を読んで驚いた。

“私たちの体にいる数十兆個の微生物は、

「脳腸軸」という化学的な伝達経路を通じて、

脳とコミュニケーションをとり合い、

身体機能を調整している。”

そうだ。

「脳腸軸」という言葉も初めてだが、

脳と私たちのお腹の中の微生物がコミュニケーションしているとは、

教わった記憶がない。

そして、

“微生物叢(そう:集団)は私たちの気分にも影響を及ぼすことがあるという。”

というのを読んで、

あぁ、

そういうことね、

と授業では聞いた覚えはないが、

実体験はあると納得した。

健康に興味のある方におすすめ

健康や人間の体に興味がない人は、

体が丈夫で、

痛いところもなく、

困ってないからだろうな、

と思う自分です。

乳児期、小児期、青年期、壮年期、老年期と

人体にすむ微生物について

分けて書いてあるトピックも面白いです。

最初に書いた、

『アスリートの腸内の細菌を移植するだけでトレーニングの効果があがるとしたら?』

は、壮年期のトピックです。

食べること、動くこと、眠ること、

この3つの基本で体ができる、

と最近、腹落ちし、

いろいろお試し中なので、

健康としっかり向き合いたい今の私に刺さった特集でした。

ぜひ75ページからの1テーマだけでも、

読んでみることをおすすめします。

図書館にもよくある本です。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。