水いっぱいの北部タンザニア、サファリの旅から戻りました 2020年2月 

2月11日夜にタンザニアから帰国しました。

今年のタンザニアは、

すでに雨がたくさん降り、

水が多すぎて行かれないところが続出。

去年のモンゴルに引き続き、

川の中で、水にはまる!

ことになりそうでした。

これってかなりの異常気象。

雨が早くに降って、

草も伸び、

花が咲き乱れ、

白いチョウがツアー中、

様々な場所で、

ずーっと飛んでいて、

局所的にすごく多く出てくるのを目にしました。

何だか、

この世で無いような、不思議な景色でした。

鳥は繁殖期が進んでいて、

普段は見ない鳥、

オドリホウオウ(Jackson’s Widowbird)、

ホウオウジャク(Eastern Paradise-Whydah)を観察。

アカエリホウオウ(Red-collared Widowbird)もたくさん飛んでいたし、

ミナミキンランチョウ(Southern Red Bishop)、

アカガタホウオウ(Fan-tailed Widowbird)はいつになく、

きれいな繁殖羽の状態で、よく出現していました。

明らかに繁殖時期が進んだ感じでした。

と言っても、シュバシコウやアオハシコウの渡りは、

いつもと同じようにまさに今ちょうど来ているようなタイミングでした。

少しだけ、写真もアップしますね。

世界的な異常気象、

とはあまり言いたくはありませんが、

タンザニアも相当変な、天候だったのは間違いなく、

雨でスタックしたり、予定通りに行かれなくても困らない様に、

移動時に、非常食をもって出かけたのは初めての事でした。

明日のイベントで、

今年のタンザニア最新情報をお伝えしますので、

ご興味のある方は、ぜひいらしてください!

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。