タンザニアから帰国! いつもと違った今年のタンザニア 2018年雨情報

タンザニアから帰国! いつもと違った今年のタンザニア 2018年雨情報

昨夜、予定通りタンザニアから帰国しました。

今年のタンザニアはすでに雨が多いです。

最初から最後まで、サファリ中に水たまりというには大きすぎる、溜まった水が道路に多数あり、途中も時どき降りました。

お陰で、砂埃はホントに少なく、

暑すぎず、寒すぎず、

この時期、1月末~2月にかけて訪れた中で最も快適なサファリでした。

私がタンザニアに着いて、サファリカーに乗って、まずガイドに聞くことは、雨のこと。

「最近、雨はもうたくさん降った?」

ガイドは、毎年同じように、

「降り始めたけど、たくさんじゃない。」

と言う。

たぶん、真実なんだろうけど、毎年ほぼ一緒の答えで、よくわからない。

参考になるのは、降ってない時くらいか。

道路に水がたまっていることは、そんなにない。

雨が多いのがすぐに分かった。

いつも茶色い、ンゴロンゴロへの道路際の植物も汚れていない。

青々として美しい。

アルーシャ国立公園の湖の水はそれほど多くなかった。

フラミンゴも多くなかったし、でも道路に水があった。

セレンゲティでも。

そして、最後のタランギーレでは、川に水が多すぎて、お目当ての鳥、クラハシコウはこの水の多さでは無理だと教わる。

アフリカで動物を見る際に、水って大事な要素。

川の水の多さ、少なさで、砂洲で繁殖するハサミアジサシが来たり、来なかったり、

雨が多いとどこにいっても水が豊富なので、普段は水が豊かな川に集まって来る動物たちが散ってしまう。

その結果、観察するのが難しくなる。

自然観察は、お天気にとても左右される。

それは身に染みてわかっているが、今回も勉強になった。

いつもと全体的に違う。

2月がトップシーズンのタンザニア北部。

でも、多少ずらしても、それほど変わらない。

観光客が多いとホテルの食事、ピクニックサイトのトイレ休憩、飛行機の予約、

どれをとっても大変だから

今年は、すこし早めに設定した。

でも、いつもより繁殖が早くすすんでいるのを感じた。

ヌーもトムソンガゼルも、生まれたばかりの子を多数見たし、

ヌーの移動が、すさまじかった。

一日いや数時間で相当進むから、たまたまかもしれないが、見える範囲の地平線が全部ヌーだった。

「地平線がヌー」という、名言が生まれた。

一部取り囲まれたことも過去にあったが、こんなにずっとずっとずっとヌーが遠くにまで見え続けたのは初めて。

幸いにも観察中に、前が見えなくなるような土砂降りにならず、

逆に降った後に、サファリをしているような状況だったからか、幸運にも恵まれた。

ライオンの親子、去年生まれたという少し大きめの子、3頭とくつろぐ親を観察した。

雌ライオン2頭に、子供が3頭ずつひっついてお乳を飲んでいるのも見かけた。

6頭は今年生まれた子供達と聞いた。

ラブラブな2羽のダルマワシも見た。

12月に南アフリカで見てきた、繁殖時だけ尾が長くなる鳥も見かけた。

初め写真タンザニアで写真に撮った。

過去に一回だけ見たけど、その後、見る機会がなかった。

渡りも普段はこんなにいない、メジロチョウゲンボウ、ヒメチョウゲンボウが多数いた。

ハンティングするサーバルキャットも見た!

雨のあとは、動物が動く。

木登りライオンも見た。

雨の降った濡れた地面は嫌で、登るようだ。

普通、ライオンは木に登らない。

気持を新たにして行った今年のタンザニアは、いつもと違っていたが、

いつもと同じ景色が広がり、心が落ち着いた。

全ての出会いに感謝。

そして、皆さん無事に元気に帰国できたので、よかったです。