ヒョウモントカゲモドキ レン日記 12日ぶりの糞

ここのところ、また毎日気温はあがり、

爬虫類用のヒーターは届いたけど、

必要ない日が続く。

レンも気持ちよさそうに、

寒そうでなく寝ているし、

少し前より、よく動く。

昨日は、久しぶりに、

正確には、

12日ぶりに糞と尿酸を出した。

爬虫類のおしっこは、尿酸で、

液体でなく、

白いプチっとした塊です。

でも、今回はたっぷりな量の尿酸でした。

糞は、今回もゆるめ。

水はもうあげていないのに何故だろうか?

わが家の湿度が高いという訳ではなさそうだし。

湿度が高いところの爬虫類の糞が

みな水っぽかったら、

ボルネオ島など熱帯の爬虫類の糞はかなり水分多めになるはず。

そんなことは無い。

むしろ乾いている。

ヤモリの糞は、

オープンエリアのレストランのテーブルには時々落ちている。

知らなければ、ヤモリのそれとはわからない感じ。

レンの糞が緩いのは、

まだ、新しい環境になれないせい?

飼い主は、しょっちゅう見にくるし、

以前よりハンドリングされる回数も高い(だろうし)、

これでも、

いろいろおさえてるけど。

かまわれ過ぎて、ストレス⁈

でも、

夜、自分が寝る前に、

レンがシェルターの外に出て、

珍しくよく動いているので、

なんとなく今なら食べるかも?

と思って餌をあげたら、

食べました!!

3回目のご飯!

カリカリ一つ。

もちろん水ふくませてからあげましたが。

22時28分のご飯タイムでした。

気温のせいもあるんだろうけど、

餌も食べるようになってきたから、

いい感じということで、

様子を見ていきます。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。