写真集 スリランカ 爬虫類&両生類 追加しました

写真集に、

スリランカの爬虫類&両生類を追加しました。

シカを飲んでいる、大きなヘビは、

インドニシキヘビ。

先週末、爬虫両生類情報交換会で、

名前を教わり、改めてネットで検索、

このサイト、動物図鑑を見つけ読む。

たしかに、いろいろあてはまり、

そうそう!と納得。

性質はおとなしいと読んで、

写真のヘビも、やさしい顔に見えてきた。

「獲物を飲み込んだあと、安全確保のため樹の上に登る。」

とレンジャーが言ってたことを思い出す。

あの大きさのシカを飲んだ後に、

登れる力は想像を絶するが

全身筋肉なヘビだからこそ可能なんだろう。

翌日、同じ場所に行ってみたが確かにヘビはいなかった。

毒はないとあるが、

あの太さのヘビに噛まれたら、

相当怖い。

どんな風に獲物をしとめるのかもすごく疑問。

スリランカは、ヘビを見るチャンスが高いけど、

トカゲもいろいろ出てきて面白い。

海岸に近い森、乾燥した森、そして湿潤したヒルのたくさんいる森まで

さまざまな環境があるので、

爬虫類の種類も豊富なんだろうと推測。

経験上、

もっとも爬虫類、両性類の見やすいトップ3に入る国。

スリランカの国土面積は小さいけど、

森や国立公園は多いし、

行くならゆっくり行きたい国。

ただいま、爬虫類・両生類熱が高いので、

ゆっくり再訪したい国のひとつ。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。