【レン日記】湯たんぽとレン あったまると、スイッチ入る

数日、寒い日が続き、

朝、起きたら、レンのケージの温度計が20度を切っていて、

慌てて、自分のダウンでさらにくるみました。

お鍋を毛布で包んで保温する具合と同じく、

しばらく前から毛布で、レンのケージはくるんで空気は保温していたつもりですが、

それだけでは足りなくなってきたと気づきました。

自分が、暑いところ、寒いところに出かけるので、

体が順応しやすいように、

基本、冷暖房使わないで在宅中は過ごすようにしていました。

が、レンとの生活はそういうわけにいかないので、

今年はどうしようかなぁと、

様子を見ていました。

レンには、床を温めるシートは10月から敷いていますが、

ここにきて、寒かったせいで、

よくよく寝ています、

寝顔がすこやかなので、大丈夫とは思っていましたが、

Facebookで、現状をつぶやいたら、

湯たんぽをおすすめされ、

早速、湯たんぽをレンに作りました。

湯たんぽを作るのは久しぶりで、

作っていて私もホカホカしてきて気持ちがいい。

湯たんぽをケージの横に置いてわりとすぐ、30分も経たないうちに、

レンが、元気に動き出しました。

お目々ぱっちりになって、

うろうろし出して、

シェルターから出たり入ったりを繰り返し、

舌をペロペロします。

このレンのペロペロは、

「餌ちょうだい!」の合図だと私は最近感じてて、

体が温まったら、

次はお腹が減ったのね、と思えたので、

すぐにいつものレオパブレンドを用意して、

あげました。

5粒、ぺろっと食べました。

前回よりもさらに、

バクッ!と食いつきがはやかったので、

よりお腹が減っていたのかもしれません。

そして、食後も、

しばらくシェルターを出たり入ったりしながら、

うろうろして、可愛い姿を見せてくれました。

そして、翌朝、排便。

レンの父さんから、

「気持ちいいと、カメやトカゲは排便するよ」と教わり、

気持ちよくてよかった〜と安堵。

午前中は、日差しが出て、ケージ内の気温が27度を超えてきたので、

夜行性だけど、

午前中にとても活発に活動していました。

で、午後からぐっすり寝入りました。

レンの寝顔を見ると、心穏やかになります。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。