ヒョウモントカゲモドキ レン日記 夜行性だから夜は目がぱっちり?

ヒョウモントカゲモドキが、

夜行性なのは知っていたけど、

昼間も時々寝ているシェルターから出てきて、

顔を出し、

うろうろする。

そして寝る。

朝も自分が起きた頃に、

すでに起きてる時もあり、

ウンチは常に朝する。

そして、

夜も18時頃、

1度起きてウロウロし、また寝る。

そして、

日付が変わる前後にまた目を開けて動く。

の様子見ていて、

かなり不定期に動く生き物なんだと認識していました。

でも、

昨日、

夜に、机の上で、離したまま放牧したら、
 
その後、目がぱっちり。

いつもの1.5倍位は

目を見開いている。

初めて見る黒目がちな顔。

餌も4.5粒も食べて、

活力もみなぎっている。

いつもと違う感じ。

夜行性動物は、

夜に起こしていると、

元気な様子が見られるのかもしれません。

夜行性動物は、

当たり前ですが、

夜が本領発揮なのかと、初めて感じました。

考えてなかったけど、

これからは、夜に餌をあげようと思いました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。