野生のカピバラ アルゼンチン 南米では最も見やすい哺乳類 最大の齧歯類 

カピバラ

最近、カピバラが急に好きになりました。

それは、Facebookに頻繁に湯に浸かったカピバラが流れてくるようになったから。

南米に行くと、

最も見やすい哺乳類、カピバラ。

最も大きな齧歯類、

ネズミの仲間で、

ブラジルのパンタナールでは、

早朝に鳥を見に行く途中、

100頭ほどの群れに出くわし、

その時は驚いたけど、

南米に行くと、

結構、頻繁に出あうし、

ある程度の距離があれば

人を気にしていないようなので、

観察も撮影もたやすい。

時々、

すごい勢いで逃げられたりもしたが、

深夜に自室のそばで草を喰む音が気になって眠れなくて、

窓をそーっと開けてライトで照らしたら、

カピバラだとわかってほっとしたが、

窓を閉めたら、そのカピバラたちはまた草を食べ出して、

私は、結局しばらくその草をちぎる音が気になりすぎてしばらく眠れなくなったことがある。

そんなこんなで、

特にそれほど、気にしてなかった動物でした。

カピバラのキャラクターがあるから、

人気があるのかもしれないけど、

周りにカピバラが好きという人は誰もいず、

カピバラ、ぞんざいにしていましたが、ごめんなさい、

突然、そのぼーっと見える寝顔が、

飼っているレンに似てる気もして、

可愛く思えてきました。

で、

アルゼンチンの写真を見返していたら、

カピバラ出てきたので、

突然アップ。

水が、本当に好きなのは、思い返すとそういう環境でよくあっていた。

ただいま、写真を見返し中なので、

また、カピバラ見つけたら、

投稿します。

今回は、アルゼンチンのカピバラです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。