アルーシャ国立公園の座るキリンは非常にレアなこと、それは、、

アルーシャ国立公園

先日、NHKのプロフェッショナルのテレビを見ていて、動物園のキリンの凄腕の飼育員さんが、言っていました。

キリンが座る時は、相当具合が悪い(死にそうなくらい)か、リラックスしてる時で、相当まれな、珍しいことだと。

でも、タンザニアのアルーシャ国立公園では、いつもキリンが座っている。この公園、草食動物天国な国立公園。

基本、大型肉食獣がいないので(時々移動してくることもあるので全くいないわけではなく、ヒョウが一度出たのを見たことはある。)草食獣がとてものんびりしている。

私にでも、のんびりしていることは感じていたが、上述の飼育員さんのコメントを聞いて、やっぱりなと思った。

シマウマ、キリン、ウォーターバック、バッファロー、そして、イボイノシシ、ディクディクなどがのんびり暮らしているように、他の国立公園と比較すると感じる。

特にキリン。この公園は、キリン公園と言ってもいいと私は思っている。ここほど、キリンを多頭数、近距離で見られるチャンスがある公園はない。

動物の性質上、いつでもではないが、かなりの確率で、キリンをよく見かけるし、距離も近い。

そして、写真のように座っている。

遠くに群れを成していると、クレーン車のように見えるキリンです。

キリマンジャロ空港から、近くて、アルーシャの町からも一番近い公園で、あんまり人気はないようですが、サファリ初心者には最適な公園だと思う。

この公園にいったら、キリンをよく見てください。マサイキリン、ここ以外では、そんなに頻繁に近距離で見るチャンスは多くないはず。

でも、ゆっくりサファリしないならば、そんなに出会えてないかもしれませんが、他社さんの忙しいサファリのことはよく知りません。

朝に、キリマンジャロ山とキリンが写真で撮れるこの公園は、泊まるからこそ意味がある公園です。星空も晴れれば、最高にきれいです。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。