カワセミ Common Kingfisher  下くちばしが赤いメス 

2022年1月4日の初鳥!

ザリガニを食べてたメス。

その日の目的地の手前にある公園の小さい池の周りが現在のお住まい。

くちばしの色が、上下共に黒いのがオスで、

下が赤いのがメス。

鳥を見はじめた頃、

「口紅つける方がメスと覚えるといい」と鳥の同好会の先輩に言われたのを数日経って思い出した。

カワセミは好きな方が多いけど、

目つきがちょっと鋭くて、美しいけど、ちょっと怖いというか、近寄りがたいというか、近寄られたくない意思を感じていた。

今回も見つけてすぐにシャーっと飛んでいったし、でも近かったので仕方ない。

初めて会いに行って、そんなにすぐに仲良しになれるわけない。

でも、見つけて飛ばれてから追いかけずに、ヒヨドリやメジロが水飲みをしていたのを見ていたら、

カワセミが移動しながら鳴いているのが聞こえてきて、

呼ばれた気がして、はいはいとこちらも移動した、あそんで欲しいの?

途中、ザリガニを捕まえて食べて丸呑みするのを見せてくれ、

魚とりは失敗して、

何度もトライしたけど捕れなくて、

羽づくろいにそのまま移行して、バツが悪くて誤魔化してる⁈ のを双眼鏡で見ていた。

日のあたる枝に止まって、

動かなくなると、ブルーの構造色で輝く背中側を日に向けなければ、

背景にとけこんでカモフラージュされる。

でも、日のあたるところで、背中を見せて〜とつぶやいていたら、

見せてくれました。

そして、個人的に好きな正面顔も撮影できたし、

優しい目つきで、撮らせてもくれました。

それが、最初の一枚。

最終的に、ずっと日向ぼっこしてくつろいでいたカワセミ。

冬の間はそこにいるのかな?

野生の生きものと出会える時間は短いけど、

やさしい気持ちで、いつも出会いたい。

距離感が時にむずかしいけど、今年も気をつけながら、いろんな生きものに出会いたい。

最近は、生きものを見ていると、

うちの子、ヒョウモントカゲモドキのレンに何でも似て見えてくる。

でも、それは愛おしくなるとそう感じるのかもしれない。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。