12月22日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。あなたの旅の疑問にもお答えします。

内容
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)からいくつか旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

  • 開催日時:12月22日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

カンムリショウノガン Red-crested Korhaan 南アフリカ モカラ国立公園

カンムリショウノガン Red-crested Korhaan 南アフリカ モカラ国立公園

2019年10月の南アフリカの旅で以下の3種のノガンを観察。

ハジロクロエリショウノガン(Northern Black Korhann)、

カンムリショウノガン(Red-crested Korhaan)、

アフリカチュウノガン(Denham’s Bustard)。

ハジロクロエリショウノガンは多数観察したが、

あとの2種はレア。

アフリカチュウノガンは絶滅危惧種。

カンムリショウノガンは、ブッシュのある、木のある場所が好き。

ハジロクロエリショウノガンは、草地、草原が好き。

種類によっていいる場所が違う。

ノガンの仲間は、南部アフリカには11種もいる。

色合いが全般的に地味目ではあるが、

この鳥の仲間は好き。

今回は、草の色と相まって、さらに美しいと思った。

わかりにくく、見つけにくいけど。

車に乗っていて見つけて通りすぎ、

車をバックして戻ると、

地面に伏せ気味でじっと隠れているので、

ぱっとみ見失いがちで、

あれ?いないということになる。

ハジロクロエリショウノガンの雌と、

カンムリショウノガンは図鑑上では似ていたけど、

本物を見たら、

背中の羽の柄が、違うのでよく見たらわかると知る。

カンムリショウノガンは、矢紋(やもん)柄。

ハジロクロエリショウノガンは、さざ波柄。

珍しく、一回で覚えられそうだ。

さざ波模様のハジロクロエリショウノガン 夜中でもけたたましく鳴いていた雄 繁殖期だからということで、いつも鳴いているわけではないと。