【今週の1枚】南アフリカ12月 コウヨウチョウのクリスマスリース

12月1日にクリスマスディスプレーを整える人を見かけて、

この写真を思い出した。

背景がグリーンで、

赤い顔やくちばし、

そしてひときわ目立つ赤い足の鳥たち。

そのカラーリングから、

撮っている最中に、

クリスマスっぽいし、天然のリースみたいと思った。

枝にみんなで止まって、

重さでぶらんぶらんして、

遊んでいるようで、

楽しそうに見えた。

コウヨウチョウ(Red-billed Quelea)という、

赤くなるからその名がつけられたはずのこの鳥は、

その数、100〜200羽、

時にはもっっと大きな群れで動くので、

最も数も多く、見やすい鳥。

アフリカでは分布も広く、

よく見る。

だけど、

こんなに赤いコウヨウチョウをたくさん見たのは、

この時が初めてで、

12月にはいって、

この鳥の繁殖期がすでにスタートし、

オスがきれいに着飾っているタイミングだからこその美しさ。

よく行くタンザニアでは、

こんなに赤くなっていることはなく、

別の鳥と思うほどの、

茶色い地味なコウヨウチョウしか見かけない。

写真の5羽のうち

一番上のくちばしがクリーム色の鳥以外はすべてオスで、

普段と違う赤い色をまとっている。

この赤くなるパタンが、個体差が激しく、

知らないと別の鳥のようにも見える。

観察地は、南アフリカ南東部のクワズール・ナタール州。

時期は12月。

南アフリカを旅するのに、

12月になってからは危険。

それは、

南アフリカの多くの人々がクリスマス休暇をとり始め、

宿泊先のB&Bやロッジ、町のレストランなど、

開いてるところは混み、

閉まるお店も出てくる。

郵便局が機能しなくなるという、

嘘みたいな話も聞いた。

でもアフリカで旅をしていると、

いろんなことが起こるので、

現地でそんな話を聞くと、

そうだろうなぁと思う。

トラブルが起こりやすそうな時期に旅はしたくないが、

でも、鳥が美しい時期にできれば訪れたい。

そう思わずにはいられない出会い。

今年も、今ごろ、

きっと赤くなっているでしょう。

撮影日 2017年12月6日
撮影場所 南アフリカ クワズール・ナタール州 KwaZulu-Natal

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。