2019年南アフリカ・キンバリー 写真で旅するふりかえり

南アフリカ、ヨハネスブルグから国内線で一時間飛行機で飛んだ先が目的地。

初めて訪れた場所。

タンザニアのサファリに何度行っても見ることが叶いそうにない、

夜行性の動物、ツチブタやアードウルフ、

より乾いた場所に生息する、ミーアキャットなどを求めて向かった先。

朝は探鳥して、

昼間に少しは長めのお休みが入るものの、

日中ももちろん観察に出かけ

夜は夜間観察に真剣に出かけるので、

かなりハードな旅でした。

おまけに、

今年は、国立公園内のロッジのレストランが

ちょうど改装にぶつかり、

8人分の食事を

3日間、8回分、ガイドと二人でつくるという、

わたしにとっては初の大事業(笑)があり、

それでもかなり心身共に応えました。

でも、やり切った感たっぷりで、

料理の腕も上がりました。

外国人の料理の仕方って自分と全然違って面白いと思ったし、

彼の方が、料理の腕がいいので、

みていろいろ覚えました。

個人的には、ツチブタ、ミーアキャットに出会えて

私はとてもうれしかったのでした。

鳥は全体的に茶色いですが、

それは、それで、フォトジェニックだったなぁと写真を見返して思います。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。