2019年モンゴル・南ゴビ 写真で旅するふりかえり

モンゴルは、

まだ3回しか訪れていないので、

行った場所は限られるけど、

行くたびに、広すぎて、はぁ~とため息がでる。

私は、広大な景色は見慣れている。

仕事がら、地平線や水平線も毎月の様に見ている。

が、ここは半端なく広くて、

景色もダイナミックに変わる。

砂漠というものが、

どんなものなのかを、

今年移動しながら、初めて理解した気がする。

砂に行く先をはばまれる、

車のままでは進めない、

まして歩いたらすぐに死んでしまうような状況にあって、

ただ単に極度に乾燥していて、

砂が多くて、

水がないところという訳でないのを理解した。

水分がなさそうでいて、

植物が生えているエリアが砂漠の中にもあり、

砂丘にも草が生えていた。

灌木もある。

それも不思議だった。

そして、南部ゴビ砂漠の西のエリアでは、

ハリネズミやトビネズミなど、

ゴビ砂漠の東のエリアでは見かけなかった動物にも出会え、

何の要素がそうさせているんだろうと考えた。

生きる力がないと、

モンゴルでは人も動物も生きられない。

広い空に大地、草原を見て、今年もいろいろ感じてきた。

ドローンも上げてきた。

 

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。