2020年元旦 氷川八幡神社だるま市 今年の宣言<日記記事> 

2018年からだるまを購入するようになって3回目。

今年は、地元の氷川八幡神社で7号サイズを入手。

個人事業主になってから、

縁起も少しだけ、かつぐようになりました。

新倉氷川八幡神社のだるま市は、元旦の限られた時間のみ。

午前0時より3時、午前7時より午後1時。

今年は、わが家では恒例のテニスの初打ちのあと、

自転車で娘と向かいました。

ちなみにテニスの初打ちは、

夫と娘のみ。

私は、最後30分の見学。

もうレベルが違い過ぎるのと、

朝からそんなに元気に動けないというのが正直なところ。

でも来年はやれるかもなぁ、一緒にやろうかなぁと薄っすら思う。

だるまを購入するのは3回目。

毎年大きくして、

今年は7号サイズ。

8号から7号への大きさはだいぶ大きくなった気が。

去年一年共にしただるまには、昨夜、もう一つに目を入れた。

神社ではすでにだるまが焼かれていて、

買ったあと、二つのだるまの写真を撮り、

自分とだるまの写真も娘に撮ってもらい、

お別れを。

焼いてお別れというのは、3回目ですが苦手です。

火の中に投げ入れるのに、

火に近づいてからウロウロしてしまいました。

だるまを購入した後は、

私の実家へ、

家族3人で顔を出しに。

出かける直前に九州に住む

仕事がら予定があってないような

神出鬼没な姉も、

実家に来ると知り、驚く。

到着直前に、

スーツケースと大きなザックを小さい体で背負っている人をみつけ、

同じタイミングでの到着に笑った。

両親と姉と私と夫、そして娘の6人で、

祝いの膳を囲む。

仙台、名取のセリの入った御雑煮など。

父が声が大きく、マシンガントークな人なので、

にぎやかを通り越してうるさい。

でも、うれしそうなので、

我慢しようと思いつつも、

だんだん、イラっとしてくる(笑)

母の料理を楽しみ、

おしゃべりをしてるうちに、

疲れて眠くなり、私は少し寝てから夫と帰る。

娘は、一晩泊まるという。

帰宅後、

ちょっと片づけをしてから

だるまの目を入れる。

今日もネットで調べて、

だるまを正面から見て右目に目を願いながら書き入れる。

目を入れるのは自分には難しい。

手芸でつける目は、糸だから直しやすいけど、

マジックで書く目はドキドキする。

途中、ペンが出なくなり、焦るが夫に助けてもらう。

だるまの背中にも二つお願いを書き入れ、

日付を入れて、

置く方向をもう一度、ネットで調べる。

諸説いろいろあって、

読んでもわかりにくい説明もあり、

すぐ理解できた

「南か東の方向に正面が向くように置くことをおススメします。

だるまがホコリを被らないように常にお掃除を。」

というのを今年は採用。

そして、それから運動!

まだ、ブログで書けていないが、

ただいま、絶賛筋トレ中!

今年は、毎日運動する。

そんな私の2020年元旦。

今年は、もっと日常をブログに書こうと思っている。

ここ2カ月ぐらい、

仕事とやるべきことを優先し、

本当に大事な事だけ書こう!なんて考えて、

毎日書くことをお休みしていたら、

ブログを書くのが辛くなり、

お休みしてました。

でも、そうするとどんどん溜まるんです。

紹介したいこと、

伝えたいことも書けなくなってきて。

「ブログ書いているなら仕事しろ!」

と言われたこともありますが、

「これも、仕事の一つです!」

と2020年ここに宣言。

今年は、もっと自由に書いていこうと思いますので、

よろしかったらお付き合いください。

では、2020年、今年もどうぞよろしくお願いします。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。