【今週の1枚】アンデスのニジハチドリ 止まり木の地衣類がいい感じ

街がクリスマスのデコレーションになり、

花屋さんで、グリーンベースのリースが売られていて、

この写真を思い出した。

地衣類のサルオガセみたいなものがついた雰囲気のいい枝に、

ハチドリが止まってくれ、

背景がグリーンで、すっごく好きな感じだわ〜!

と撮りながらテンションが上がった。

この場所、標高が3,000メートル以上あって、

撮影して、自然に息を止めていると

その後、本当に苦しいことになった。

緑色が基調のハチドリが多い中、

茶色のハチドリ。

いっけん、地味そうに見えるが、

この子の腰は、

光線がうまい具合に当たると

虹色に光る、

オスだったら。

英語の名前が、

Shining Sunbeam、

直訳したら、

輝く太陽光線。

なかなか、激しい名前だが、ぴったりの名前。

残念ながら、写真の個体はメス。

でも、私にとっては、メスでも十分に美しかった。

撮影日 2019年6月16日
撮影場所 エクアドル・アンデス ヤナコチャ yanacocha

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。