エクアドル・アンデスの鳥 ハチドリ

アンデス山脈が貫く、エクアドル。

標高の高いエリアが多数あり、

今回は、

最も高いところで3,400メート台で、

探鳥しました。

ハチドリという、

虫みたいに飛び、

空中で止まることのできる鳥が、

中南米には多くいます。

日本にはいない鳥の仲間ですが、

動物園で、見たことがある人もいるでしょう。

構造色の羽を持ち、

光の当たり具合によって、

色鮮やかに見え、

その美しさは、

独特で、

実物を見てしまうと、

惹きつけられます。

そんなハチドリ、

標高が高くなればなるほど、

種数が増えます。

一般の鳥とは真逆です。

というわけで、

高いところにしかいないハチドリも含め、

今回たくさん見てきました。





















この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。