10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

ブチハイエナ なぜかいつも泥水に 冷たいのが好きといってもね

ブチハイエナ なぜかいつも泥水に 冷たいのが好きといってもね

ハイエナ、って腰が下がってるし、アニメのイメージが強いみたいで、あまり好きな人はいません。

でも、この写真見せたら可愛いって言ってもらえました。ハイエナに代わって何だかうれしかったんです。それで、いま書いています。

このこ、よく顔をみたら、子供かもしれません。まだかわいい顔つきです。

ハイエナと言えば、いつも泥水に浸っています。

もう少しきれいな水たまりもあるのに、いつも一般的に言ったら、茶色のドロッとした泥水に使ってます。

ガイドは、体を冷やすからといいますが、そりゃぁ暑いですから、わかるんですが、もう少しきれいなところに入ればいいのにと思います。

今年初めてニホンザルを見にいったとき、「皮膚を濡らしたくないので、寒くない時は温泉に入りません!!」と説明を受けました。
それを聞いた時は、そりゃそうだよねと思ったのですが、ハイエナは違うみたいですね。

おしっこするときは、立ち上がって、シャーとその水たまりの中でして、また座り込んでいるのを数回目撃しています。

かなりアバウトな性質のようです。

わざわざ立ち上がらなくてもいいのに、と思うのは私だけでしょうか。

ハイエナ、写真映えしにくく、かっこよく、可愛く、いいなぁと思う写真を撮るのが難しいです。

ある植物写真家の方に「美人(花のこと言ってるですけどね)を美人に撮るのは簡単なの。誰がとっても美人だから。そうじゃないのをどう撮るかなんだよ。」と。

どんな、動物でも、魅力的に撮れるようになりたいです。