アフリカヤツガシラ 頭の羽が扇のようにひらく人気の鳥 思い出の鳥

アフリカヤツガシラ

日本のヤツガシラとは別種のアフリカヤツガシラですが、ぱっと見た感じではたいして変わりません。

写真の状態では、頭の羽、冠羽(かんう)はたたまれていて、キャップを後ろ被りしたようになっています。

冠羽は、緊張感が走ったり、地上に降りた時の一瞬などで、頭の羽を扇のようにひらくので、それは派手で美しくとても人気です。

図鑑には冠羽を広げた時が描かれているので見たいと思うのは当然のことでしょう。

ボツワナの宿のお庭に多数いて、せっせと餌をとっていました。

ヤツガシラをこんなにたくさん見たのは久しぶりです。

いつもいるわけではないのかもしれませんが、二日間の滞在中は、よく出てきてくれて、飛翔シーンもよく見かけました。

この鳥、まだ私が鳥に興味をもって間もないころ、ヨーロッパの古い絵に描かれているのをみつけ、すごくびっくりしました。

イギリスの自然史博物館で見た絵です。

初めての海外旅行は、イギリスでした。

しかも、「1人で行くのは怖いから一緒に行かない?」と私を誘った友人が突然行けなくなってしまい、私は途方にくれました。

まさか、こんな仕事をするとは夢にも思っていない頃です。

結局、1人で行ったのですが、大英博物館、自然史博物館、ロンドン動物園など、好きな生き物に関係がありそうなところを歩いて回りました。

博物館、美術館どちらも、日本に比べて暗いし、広くて、人が少ない部屋だったりすると、心細いのも手伝って、怖かったのをよく覚えています。

そして、ヤツガシラが描かれている絵が、暗い部屋に飾ってあって、ライトで照らされていたので、驚いたのです。

相当古い絵で、正しくないかもしれませんが西暦1400年とかそういう古さの時代が説明書きされていて、その時代にもうこんな美しい絵が描かれてたことにびっくりしたのです。

絶滅することなく、見ることが出来てうれしいと。

20代初めのころ、そんなことを思ったことを書いてみました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。