11月23日(金) イベント開催! タンザニアサファリナイト

アフリカ・サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年以上連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:11月28日(金)14:30~16:30(14:15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

ブルーマウンテンコーヒーは、ジャマイカで作られています!

ブルーマウンテンコーヒーは、ジャマイカで作られています!

ジャマイカに鳥を見にきています。

でも、昨日は高級コーヒー豆で有名なブルーマウンテンの生産者のところに行ってきました。

ブルーマウンテン国立公園が近くにある場所です。

生産者兼販売店でしたが、すごく狭い場所でした。

焙煎マシンは2台、豆のサイズの選別は機械でするけど、品質は手作業でしていました。

急峻な場所にあるコーヒーの木のプランテーションが本当は見えるはずが、霧で何も見えず。

標高1100メートル位、午後には雨が毎日降るような天候が、美味しいコーヒーマメの生産には欠かせないようです。

ピーベリーと言われる、3パーセントしか取れないコーヒー豆、と焙煎の段階が3段階違うものが販売されていました。

焙煎した豆を食べてみてと出され、試してびっくり、美味しい。

最近コーヒーは飲むのを止めたのですが、せっかくなので、飲みました。

いい香りでとても美味しかったです。

日本でブルーマウンテンは買ったことありませんが、227グラム入りで25ドル。

ピーベリーのは、30ドルでした。

ジャマイカのコーヒーの9割は日本に輸出されているそうです。

最近、コーヒーの樹の虫の発生で、収穫できない問題があるそうで。

30年以上経った古い木に起こりやすいと。

遺伝的に強い弱いがあるようで、ならないものを選んでると。

かつてスリランカは、コーヒーの大産地でしたが、その病気でダメになって、紅茶栽培に切り替わりました。

その話をジャマイカで久々に聞きました。

たしかに、ここのエリアとスリランカの紅茶栽培が盛んなエリアのお天気や急峻な地形、空気感は似ています。

もう1箇所、別の生産販売所にも行きました。

もっとワイルドな感じで、品質がやや低いけど安いというお店。

500グラム、20ドル。ここでも少し試飲しました。

濃いコーヒーが好きだった私、前なら美味しく飲めたかもしれませんが、胃にきつい感じで、後から気持ち悪くなりました。

コーヒービーンズチョコも売ってました。

これ昔から好きだったので、つい買いましたが、チョコレートも美味しくないと、美味しくないのよねと。

後から参加者に教わりました。

まだ食べていませんが。

昨夜も、疲れて早く寝たのに、5時間後には目が覚めてしまい、もう眠れなくなりこれを書いています。

久々に飲んだコーヒーのせいかな?

ジャマイカに着いて、3日目の朝を迎えます。

人がフレンドリーで、過ごしやすい国だなぁと感じています。