2018やまねこマラソン23キロ完走後の気づき3 本番直前にたくさん走ってはいけない

本番前までに、20キロを走るつもりでいました。

でも12月に走れなくて、1月はまた走れなくなり、

結局、本番の5日前に初めて15キロ走りました。

その前日に、15キロ走る前だからと、久しぶりに5キロ走りました。

15キロはトレーナーの飯泉さんと一緒に走りきれたのですが、

全く余裕がなく、余裕があったら20キロ走ろう

と言う話もしていましたが、全く無理でした。

おまけに、走ったあと、すぐに足が痛くなってしまいました。

左の足の甲が痛い。

ランの練習後はマッサージをしてもらっていましたが、

治らない。

帰り道で、階段を降りるのが大変な状況でした。

結構、青くなりました。

しかし、もう状況は変わらないので、本番までに痛みが引くの願っていました。

自分で毎晩マッサージもしましたが、痛みは引きませんでした。

友人に直前に長距離走ったらダメなんだよと言われ、えっ?そうなの、と思いましたが、

考え方は色々あるし、もうすでに走ってしまったし、

仕方ないよなぁと。

私が、本番前に15キロを走っておきたかったのです。

精神的に、15キロは走れると思って、スタートに立ちたかったのです。

結果的に、直前にたくさん走りすぎて、足は痛くなりましたが、

レース本番では、15キロまでは、

まだ大丈夫! と思えたし、

15キロ以降は、

ここからは未知の領域だから、走れるだけ走ろう! と思えました。

走っていなかったら、23キロ走れなかったかどうかわかりませんが、

直前に長距離を突然走るのは止めた方がいいと思います。

そもそもランになれていない足は、

とっても負担が大きかっただろうと。

初めてレースに出る人が、私と同じような目に遭わないといいなぁと思って、書きました。

大丈夫な人もいるかもしれませんが、

私のようになる可能性もあります。

だから余裕をもって、練習計画は立てた方がいいですね。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。