レインボーアガマ Rainbow Agama

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区 クレーター内

撮影時:2018年1月28日

メモ:タンザニア北部でもっとも目にするトカゲ。

写真の個体は雄。

頭から上半身にかけて、赤からオレンジ色、

体全体、下半身は、ブルーとかなりド派手。

色味は個体差が大きい。

腕立て伏せのような、懸垂をするディスプレイをする。

雌は、地味な茶色。

ついつい雄ばかり観察・撮影しがちですが、

雌は雌で味があり、地味ながら美しい。

あくまで、トカゲの仲間が好きだったらですが。

でも、このトカゲを見て、気持ち悪い~!!と騒いだ方は、

いまだかつていなかったような。

私は、カエルが好きになって生き物好きになっていますので、

両生類、爬虫類は好きです。

鳥に比べて出会えるチャンスが少ないので、

出会えると、うれしいです。

貴重な出会いを大事にしています。

写真のアガマはしっぽがちぎれた痕跡があります。

このトカゲ、本当によくよく観察しますが、

尾が切れたことのある個体も、しばしば目にします。

こんなに猛禽の多いところで、生活するのは楽じゃないだろうと思います。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。