10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

レインボーアガマ Rainbow Agama

レインボーアガマ Rainbow Agama

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区 クレーター内

撮影時:2018年1月28日

メモ:タンザニア北部でもっとも目にするトカゲ。

写真の個体は雄。

頭から上半身にかけて、赤からオレンジ色、

体全体、下半身は、ブルーとかなりド派手。

色味は個体差が大きい。

腕立て伏せのような、懸垂をするディスプレイをする。

雌は、地味な茶色。

ついつい雄ばかり観察・撮影しがちですが、

雌は雌で味があり、地味ながら美しい。

あくまで、トカゲの仲間が好きだったらですが。

でも、このトカゲを見て、気持ち悪い~!!と騒いだ方は、

いまだかつていなかったような。

私は、カエルが好きになって生き物好きになっていますので、

両生類、爬虫類は好きです。

鳥に比べて出会えるチャンスが少ないので、

出会えると、うれしいです。

貴重な出会いを大事にしています。

写真のアガマはしっぽがちぎれた痕跡があります。

このトカゲ、本当によくよく観察しますが、

尾が切れたことのある個体も、しばしば目にします。

こんなに猛禽の多いところで、生活するのは楽じゃないだろうと思います。