オキナワイシカワガエル ナミエガエル ホルストガエル 沖縄やんばる大型カエル3種 

3月下旬に沖縄北部のやんばるを訪れたが、連日の雨で両生類が大爆発! 毎晩、凄かった。興奮しすぎて事故を起こさないよう、こんなことは多分もうないだろうから落ち着けと自分に言い聞かせながら、やんばるの神様に祈りながら、生きものに感謝しながら観察していた。

いまだ目を閉じるとフワフワできる。鳥や植物、哺乳類(サファリで)などでは、大当たりを経験してきたけど、両生類・爬虫類は初めてで、雨が毎日たくさん降っていることにこんなに心底幸せだと思ったことは今までなかったけど、雨がありがたかった。

鳥も探していたので、雨が多いと早朝の探鳥には向かないが、ゆっくり出てきてくれたヤンバルクイナにも出会えた、むしろそれもいつもよりずっといい出会いだった。

まとめるのに時間がかかりそうなので、取り急ぎ、やんばる大型カエル3種のお気に入り写真をアップします。どれも10センチ以上の成体サイズで、ホルストはオレンジのパッチがないので、出会った個体はすべてメスと確認。

今回2回目の観察となったオキナワイシカワガエル、そしてナミエガエルもサイズ的にメスだったのではないかと推測。

カエルの正面顔が大好き。雰囲気も違って見える。今回は、トップ写真のホルストの正面顔の顎の白い感じが一番気に入ってます。

オキナワイシカワガエル


オキナワイシカワガエル


ホルストガエル


ホスルトガエル


ナミエガエル


ナミエガエル

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。