クロハラチュウノガン Black-bellied Bustard

撮影国:タンザニア

撮影地:セレンゲティ国立公園

撮影時:2018年1月31日

メモ:体長60㎝ほどと大きく、比較的見つけやすい鳥。

サバンナの草原を歩く姿は、美しい。

北部タンザニアの果てしなく広がるサバンナで、ノガンの仲間は、多数生息している。

和名で言ったら、オオノガン、チュウノガン、ショウノガンと大・中・小の3タイプ全種類いる。

大は、アフリカオオノガン。

中は、クロハラチュウノガン。

小は、セネガルショウノガン。

中と小はそれほど、サイズが異なる訳ではないが。

体長ほどの草丈に隠れながら、休んでいるカップルや、

餌を探して前進する個体など、サバンナでは一度気づけば、

出会える頻度も高いので、自分でも容易に見つけられる種。

そして、雄の求愛行動がかなり魅惑的です。

空気を入れ、喉を膨らませ、首を太くし、

そして、首を縮めて、一気に伸ばす作業で音を出し、

雌を得ようと努力しています。

ペアになっても、時々雄がする必要があるのか、

すでにペアでいましたが、目の前で雄が求愛行動をしたのも見たことがあります。

いずれにせよ、雄ががんばって、頑張って、雌に求愛しています。

写真の個体のように尾羽をピント上げたりもします。

通常の時はそんなことしません。

写真の個体は、アリ塚の上で、求愛行動をとっていました。

近くにだれもいそうな気配はありませんでしたが、遠くから誰かが見てくれているのでしょう。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。