7月26日(木) イベント開催! タンザニアサファリナイト

内容:アフリカに行きたい方、サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、11年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

開催日時:7月26日(木)19:00~21:00(18時45分開場)
定員:8名
参加費:1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

旅の記録を取る「野帳」を使って20年 野帳があるからこそ、ツアーの事が思い出せる

旅の記録を取る「野帳」を使って20年 野帳があるからこそ、ツアーの事が思い出せる

先日、2012年からの海外ツアーの活動実績をブログ上でアップしました。

ご一緒に行った方から、2013年のマダガスカルのツアーが抜けていると

ご指摘いただきました。

自分で見返すのも大変なものを、見ていただいて、

お知らせいただけるなんて、本当に感謝です。

このツアー同行記録は、

国内ツアーを一カ月に何度も出るようになって、

何年にどこに行ったかがすべて記憶できなくなって

日時と場所を書きためていましたが、

退職してから、ツアーに持参していた野帳(やちょう)を元に確認しました。

野帳とは、野外観察時に記録するためのものですが、

端的にいえば、手帳です。

そこにすべての記録を旅の間、取っています。

野帳は、

ツアー中、必ず着用しているベストの内ポケットに常に入れて持ち歩き

一日の行動をすべて、時間と共に記録しています。

時間は、0623と4桁の数字で、6時23分を表し、

24時間表記で、

飛行機の出発した時間、

宿への到着時間、

観察した時間、合わせて観察した鳥や動物の名前、

トラブルが起これば、時間と、その詳細を記載しています。

ポイントしか書いていないので、自分しかわからないものですが。

この野帳に書いたものを元にして、

帰国後に行動記録をまとめています。

野帳は、最長2週間のツアーでも、

1回のツアーで使い切ることはなく、

2回か3回分はあります。

同じ国、同じツアーの場合に、使用すると前回の記録が役に立つときがあるので、

そうしていましたが、フリーになってからは、連続して使っています。

この野帳が70冊位、手元にあります。

この野帳のメモが、読み直すとすぐにわからないことありますが、

かなり重要なことが書いてあって、

企画のことや

そのころ考えていた新しい事とかも見えてきて

結構、面白い。

そして、まだ若くて、その時はよくわかっていない自分に気づいたりもする。

記録、ログを取ること、

必用なことを選んで書くというのは別のエネルギーを使って大変なので、

すべて書く。

これがポイントだったと。

仕事でなかったら、そこまで記録を取らなかったかもしれないけれど。

野帳、細身の手帳でおすすめです。

使ったことないですが、耐水タイプもあります。

旅の記録を野帳で取り続けているから、

どうしても、メモは、紙でアナログ方式で

記録が取りたい自分がいるのかもしれないと気づきました。