マダガスカルの地面を歩く鳥 アカボウシジカッコウ Red-capped Coua レッドキャップドクゥーア

マダガスカルの地面を歩く鳥 アカボウシジカッコウ Red-capped Coua  レッドキャップドクゥーア

マダガスカルの固有の鳥で、地面を歩いて餌を探す鳥。

保護区の人の歩く道に出てきて、

少し先を歩いてくれ、

鳥を見る人間にとっては、ありがたい鳥。

目の周りの皮膚が裸出している部分が

鮮やかなブルー系の鳥。

10種、ジカッコウの仲間はいますが、

みんな、目の周りが派手です。

カッコウと名前にありますが、

これも、カッコウとは全く関係のない仲間の鳥。

マダガスカルの鳥の和名は、

日本にいる鳥に似せて付けたような名前、

紛らわしい名前が多い。

~ジカッコウ(例えば、オニジカッコウ、ハシリジカッコウ、アオジカッコウなど)、と「カッコウ」はついているけど、

日本のカッコウとは全く別の仲間の鳥。

これと同様に、

「ブッポウソウ」と「~ジブッポウソウ」(例えば、オナガジブッポウソウ、ウロコジブッポウソウ、ルリガシラハシリブッポウソウなど)は違う仲間だし、

「ヤイロチョウ」と「~ヤイロチョウ」(例えば、ビロードマミヤイロチョウ、キイロマミヤイロチョウ)、

「モズ」と「~オオハシモズまたはモズ」(例えば、ハシナガオオハシモズ、ルリイロマダガスカルモズ、ヘルメットモズなど)も全く違う仲間。

和名は、ある一定のルールのもと、付けられているようですが、

マダガスカルにしかいない鳥であれば、

その英名をカタカナ読みで使ってもよさそうなのに、とつい勝手なことを思ってしまう。(バンガとかね。)

鳥の名前は、

現地鳥ガイドと英語でやり取りする際は、

英名になるので、

英名で覚えた方が、何が出ているのか、瞬時にわかる。

英名の方が、短くて、わかりやすい名前もいっぱいありますが、

それでも、全部英名で理解するのは大変なのもよくわかる。

和名があることに感謝していますが、

昨今の分類の変更による名前の変更や、

新たな和名がなかなかつかないことなどで、

時々、リストのことで、揉めます。

マダガスカルの鳥の和名とそのことは、また関係性のない問題ですが、

この鳥の名前、

英名と和名の関係性の問題、

日本人で、和名を使う限り、

この先もクリアになることはないと、

今年、腹落ちしたので、

もう深く悩まないようにしようと考えています。

鳥の専門家にも直接お尋ねし、

個人的にかなりスッキリしました。

なんだか、ぼやきみたいになりましたが、

鳥の分類学者の様には、

分類や名前の変更は追えないし、

それに情熱を傾けられないですというお話でした。

マダガスカルの鳥から、すっかり話がそれて、

いったんは消そうと思いましたが、

初めてこの問題について少し書けたので、

書き残すことにします。