10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

マダガスカルの熱帯雨林の鳥 ウロコジブッポウソウ Scaly Ground-roller スカリーグランドローラー

マダガスカルの熱帯雨林の鳥 ウロコジブッポウソウ Scaly Ground-roller スカリーグランドローラー

この、グランドローラーという仲間の鳥もマダガスカル固有の鳥。

ジブッポウソウの「ジ」は、地面の「ジ」で、

ブッポウソウは、英語名の「ローラー」でだけども、

これも、ブッポウソウとは関係のない仲間。

ジブッポウソウは、

その名の通り、地面を歩く。

地面を歩きながら餌を見つけている。

飛べるけど、あまり飛んで移動しない。

マダガスカルにしかいない、

固有の種で、

かつ、美しい。

固有種は地味な鳥も多くて、

それほど、熱心なバーダー(鳥を見る人)でなければ、

無理して見なくてもいいと言われてしまうこともあるが、

図鑑を見ていると、ジブッポウソウは見たくなる鳥と言える。

ウロコジブッポウソウ、

鱗模様が、図鑑では、若干気持ち悪いと思っていたけど、

実際に見たら美しかった。

尾羽の濃いブルーもいい。

全長約31㎝なので、結構大きい。

太めで、コロッとしたフォルムもいい。

なかなか味わいのある鳥。

実際に出会うと、その美しさに目を奪われる。

森に差し込む光に当たる、

ウロコジブッポウソウのその瞬間を見て、撮れて、

自然美のすばらしさをかみしめた。