マダガスカルの熱帯雨林の鳥 ウロコジブッポウソウ Scaly Ground-roller スカリーグランドローラー

この、グランドローラーという仲間の鳥もマダガスカル固有の鳥。

ジブッポウソウの「ジ」は、地面の「ジ」で、

ブッポウソウは、英語名の「ローラー」でだけども、

これも、ブッポウソウとは関係のない仲間。

ジブッポウソウは、

その名の通り、地面を歩く。

地面を歩きながら餌を見つけている。

飛べるけど、あまり飛んで移動しない。

マダガスカルにしかいない、

固有の種で、

かつ、美しい。

固有種は地味な鳥も多くて、

それほど、熱心なバーダー(鳥を見る人)でなければ、

無理して見なくてもいいと言われてしまうこともあるが、

図鑑を見ていると、ジブッポウソウは見たくなる鳥と言える。

ウロコジブッポウソウ、

鱗模様が、図鑑では、若干気持ち悪いと思っていたけど、

実際に見たら美しかった。

尾羽の濃いブルーもいい。

全長約31㎝なので、結構大きい。

太めで、コロッとしたフォルムもいい。

なかなか味わいのある鳥。

実際に出会うと、その美しさに目を奪われる。

森に差し込む光に当たる、

ウロコジブッポウソウのその瞬間を見て、撮れて、

自然美のすばらしさをかみしめた。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。