5月26日(日)15時 イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログにかけない裏話&タンザニアのサファリと世界の自然の旅話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、私がベストワンだと考えるアフリカ・タンザニアのサファリの行き方をはじめ世界中の自然の旅話、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:5月26日(日)15:00~17:30(14時40分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

マダガスカルの熱帯雨林の鳥 ウロコジブッポウソウ Scaly Ground-roller スカリーグランドローラー

マダガスカルの熱帯雨林の鳥 ウロコジブッポウソウ Scaly Ground-roller スカリーグランドローラー

この、グランドローラーという仲間の鳥もマダガスカル固有の鳥。

ジブッポウソウの「ジ」は、地面の「ジ」で、

ブッポウソウは、英語名の「ローラー」でだけども、

これも、ブッポウソウとは関係のない仲間。

ジブッポウソウは、

その名の通り、地面を歩く。

地面を歩きながら餌を見つけている。

飛べるけど、あまり飛んで移動しない。

マダガスカルにしかいない、

固有の種で、

かつ、美しい。

固有種は地味な鳥も多くて、

それほど、熱心なバーダー(鳥を見る人)でなければ、

無理して見なくてもいいと言われてしまうこともあるが、

図鑑を見ていると、ジブッポウソウは見たくなる鳥と言える。

ウロコジブッポウソウ、

鱗模様が、図鑑では、若干気持ち悪いと思っていたけど、

実際に見たら美しかった。

尾羽の濃いブルーもいい。

全長約31㎝なので、結構大きい。

太めで、コロッとしたフォルムもいい。

なかなか味わいのある鳥。

実際に出会うと、その美しさに目を奪われる。

森に差し込む光に当たる、

ウロコジブッポウソウのその瞬間を見て、撮れて、

自然美のすばらしさをかみしめた。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan