マダガスカルの鳥 Schlegel’s Aity  キイロマミヤイロチョウ 

マダガスカルのド派手な鳥。

ヤイロチョウとあるが、

日本で見られる「ヤイロチョウ」とはまったく関係の無い、

マダガスカルにしかいない、固有の科の鳥で、固有種。

マダガスカルの鳥の和名は、混乱する。

図鑑で初めてこの鳥を見たとき、

この顔はどうなってるんだろう?

と思っていたが、

実際に見ても不思議に思えた。

雄だけ、こんな顔をしている。

肉だれみたいなものが、

くっついているようだ。

繁殖時だけ、顔に付いているのかと思っていたら、

現地で、

「雄はそれ以外の時も付いているよ、色は鈍くなるけど。」

と聞き、さらに驚く。

別の時期にも見てみたい。

この鳥、鳥にしては珍しく、かなりじっとしている。

見つけさへすれば、観察・撮影しやすい。

雌も近くにいて、

雌は、せっせと仕事をしていたが、

雄は羽繕いだけで、

動くことなかった。

外見だけでなく、

生態も不思議そう。

現地の年季のはいった看板には、

フルーツだけ食べる鳥、

あまり動かない鳥とフランス語で説明があった。

アンカラファンチカ国立公園の目玉の鳥です。

出会えてよかった。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。