10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

マダガスカルの鳥 Schlegel’s Aity  キイロマミヤイロチョウ 

マダガスカルの鳥 Schlegel’s Aity  キイロマミヤイロチョウ 

マダガスカルのド派手な鳥。

ヤイロチョウとあるが、

日本で見られる「ヤイロチョウ」とはまったく関係の無い、

マダガスカルにしかいない、固有の科の鳥で、固有種。

マダガスカルの鳥の和名は、混乱する。

図鑑で初めてこの鳥を見たとき、

この顔はどうなってるんだろう?

と思っていたが、

実際に見ても不思議に思えた。

雄だけ、こんな顔をしている。

肉だれみたいなものが、

くっついているようだ。

繁殖時だけ、顔に付いているのかと思っていたら、

現地で、

「雄はそれ以外の時も付いているよ、色は鈍くなるけど。」

と聞き、さらに驚く。

別の時期にも見てみたい。

この鳥、鳥にしては珍しく、かなりじっとしている。

見つけさへすれば、観察・撮影しやすい。

雌も近くにいて、

雌は、せっせと仕事をしていたが、

雄は羽繕いだけで、

動くことなかった。

外見だけでなく、

生態も不思議そう。

現地の年季のはいった看板には、

フルーツだけ食べる鳥、

あまり動かない鳥とフランス語で説明があった。

アンカラファンチカ国立公園の目玉の鳥です。

出会えてよかった。